シングス ピール ステークス

第01回(1996年) キーオブラック その他、上記表よりもう少し遡ると、10年14人気2着ライブコンサートは父がサドラーズウェルズ系のシングスピールでしたし、同年13人気3着ガルボは母父がキングジョージ勝ち馬ジェネラス … シングスピールの強さをより深く印象付けたのは、翌97年のドバイワールドC。ダート初挑戦だったが当時のナドアルシバ競馬場のダートは粘土質が強く、どちらかと言えば芝でも通用するスピードが要求される馬場。これが功を奏してか、残り カウントアゲインはオーサムアゲイン産駒の5歳セン馬で2度目の重賞勝ち。直近4戦はカナダのウッドバイン競馬場へ遠征し、2走前にG3シングスピールステークスで重賞初制覇を飾っていた。 和名:シングスピール 英名:Singspiel 1992年生 牡 鹿毛 父:インザウイングス 母:グローリアスソング 母父:ヘイロー 実力はありながらGⅠ競走では勝ち切れない状態が続いていたがジャパンC優勝を機に善戦馬から脱却しドバイワールドCなども勝って世界有数の強豪馬となる 第04回(1999年) アルティブル 2.25 生産地 アイルランド 生産者 Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum 性別 牡 毛色 鹿毛 調教師 Sir Michael Ronald Stoute(英国) 馬主 Sheikh Mohammed Al Maktoum 競走成績 馬名 Singspiel シングスピール 生年月日 1992. 第06回(2001年) ジムアンドトニック, 国際G1昇格後: シングスピール 牡4 4 57 L.デットーリ 2:23.8 35.8 464 (0) M.スタウト (英国) モハメド殿下 2 2 4 ファビラスラフイン 牝3 7 53 松永幹夫 2:23.8 ハナ 36.0 450 (-8) 長浜博之 (栗東) 吉田和子 3 1 1 ストラテジックチョイス 牡5 10 57 2:24 第16回(2011年) プレスヴィス シングスピールステークスSingspiel Stakes G3 2020/09/19 ウッドバイン競馬場 7R 芝2000 9頭立て 馬場状態:Firm 3歳以上 2020年 シングスピールステークス(G3) レース結果 着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 オッズ 人気 富士ステークス2020過去10年のデータ分析。レース傾向から有力馬の最新情報・穴馬も予想!他にはない様々な過去10年のデータ量から勝ち馬穴馬台頭馬を徹底分析。競馬にデータは必須です。馬券予想買い目の参考にどうぞ! 第17回(2012年) シティスケープ シングスピールとピルサドスキーが当時に思い浮かんだ 76: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/27(金) 00:36:13.82 ID:2qv/M38q0 ペイザバトラー 第15回(2010年) アルシェマーリ 第10回(2005年) エルヴストローム 第05回(2000年) リズムバンド google_ad_client = "ca-pub-1965461469789191";google_ad_slot = "3924100970";google_ad_width = 970;google_ad_height = 90;//-->, 550,238ƒ|ƒ“ƒh@480,000ƒtƒ‰ƒ“@1,000,000ƒhƒ‹, ‚P‚X‚X‚U”N@ƒGƒNƒŠƒvƒXÜŽÅ‰²”nƒ`ƒƒƒ“ƒsƒIƒ“, ‚a‚bƒtƒBƒŠ[•ƒƒAƒ^[ƒtAƒtƒ‰ƒ[ƒ{ƒEƒ‹µ‘Ò‚r, ƒˆ[ƒNƒVƒƒ[ƒI[ƒNƒXAƒvƒŠƒeƒBƒ|ƒŠ[‚rAƒhƒoƒCƒV[ƒ}ƒNƒ‰ƒVƒbƒN, ƒhƒoƒCƒ^[ƒtAƒCƒXƒp[ƒ“ÜAƒNƒC[ƒ“ƒAƒ“‚rAƒTƒZƒbƒNƒX‚rAƒNƒC[ƒ“ƒGƒŠƒUƒxƒX‡U‚r. ところでこの馬の名前はピルサドスキーとされているが、正確にはPilsudskiという名前である。これは父の名前であるPolish Precedent(ポーランドの先例)からイメージしたユゼフ・ピウスツキ(ポーランドの初代元首)から取られたものであるとされている。このことはちょっとした騒動を引き起こした。 ジャパンカップにPilsudskiが出走する際、JRAは馬主側に「これなんて読むの?」と聞いた結果、「ピルサドスキー」として登録してしまった。モデルの名前からすると「ピウスツキ(あるいはピルスツキ)」と … 第11回(2006年) デビッドジュニア ・シングスピール ・テンポイント1977 凱旋門賞 ・オルフェーヴル2013 ・ドバウィ ・リアルシャダイ1993 ・シングスピール ・ダークエンジェル フェブラリーステークス ・オルフェーヴル2013 ・ガリレオ ・ゴールドシップ ・ジャスタウェイ2014 ・リツンタイ 0 6 メイダン アルマクトゥームチャレンジラウンド2 G2 ダ9.5f 1着 C.スミヨン 2馬身 (Military Law) 0000. 0 2. シングスピールの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 シングスピール (Singspiel) とはイギリスの競走馬および種牡馬である。5か国で出走し、G1競走を4勝、芝・ダートを問わない活躍を見せた。母は1980年のカナダ・ソヴリン賞年度代表馬グローリアスソング、半兄に名種牡馬Rahyや日本に輸入 シングスピールの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 母父:シングスピール 所属:石坂正厩舎(栗東) 生産:ノーザンファーム 馬主:キャロットファーム 通算成績:23戦5勝 (5-3-3-12) 主な戦績:マーメイドステークスなど 優勝したイギリスのシングスピールは翌年にはダートのGⅠドバイワールドカップも制する世界の強豪で、そんな強豪相手に4歳(旧表記)牝馬ながら日本馬最先着、他の外国馬を押さえた結果は、勝ちに等しい価値ある2着になった。 ,