カープ ob 解説者

アールシーシーカープデーゲームちゅうけい)のタイトルで放送している。, オープニング・エンディングのテーマ曲はヨハン・シュトラウス1世の『ラデツキー行進曲』。, 2008年度より、RCCテレビ・ラジオの共通キャッチフレーズを使用するようになる。2008年度からの8年間は『赤ヘルだいすき! 私はやはりカープが好きなのでカープ寄りで尚且つ一緒に応援してくれるような解説や、あまり詳しく野球の細かいルールを知らないので分かりやすくかみ砕いて話をしてくれる解説が好きです。 メール. アールシーシーカープナイター)を番組名としていた。また、2015年度からホームページやコマーシャルではの同年の球団公式キャッチフレーズ「常聴魂」(じょうちょうだましい)も併用されていた。, 2016年度から、RCCテレビ・ラジオの新たな共通キャッチフレーズとして『Veryカープ!』を設定。番組のタイトルコールとCM明けのジングルは広島県出身で大のカープファンでもある小林克也が担当しており、2017年度には7月7日からアニメ『けものフレンズ』のアライグマ役声優・小野早稀によるジングルも流れた[1][2][3][4]。, RCCでは、ホーム戦に限り、公式サイトでラジオ中継と同一音声をインターネット配信していた(2009年までは無料。2010年~2015年は有料)が、2015年シーズン限りで配信終了した。, しかし、2016年5月27日のDeNA対広島(横浜スタジアム。解説:田尾安志、実況:洗川雄司 (LF))はRCCのホームページにてインターネット配信を行った。当日はバラク・オバマアメリカ合衆国大統領(当時)が平和記念公園を訪れスピーチを行い、RCCラジオではオバマ大統領と安倍晋三内閣総理大臣のスピーチを生中継するため試合開始から放送することが出来なかった。さらに、前年9月でネットを打ち切っていたTBSラジオの『荻上チキ・Session-22』が、オバマ大統領広島訪問関連の内容で、RCCのスタジオからの放送となったことから同番組を臨時ネットした関係で、最大延長も22時までとされていた(『Canvas 〜キャンバス〜』を休止)。, 尚、RCCでは、RCCテレビの中継がある日を中心に、一部のホーム戦は有料ライブ中継を行っている。, ビジターの試合では原則として実況は開催地(ホームチーム側)の放送局のアナウンサーが担当し、RCC側はレポーターの配置のみ(セ・パ交流戦や消化試合など、試合によりない場合有り)であるが、例外として2011年5月31日・6月1日のセ・パ交流戦・楽天戦(Kスタ宮城)では「がんばろう! RCCカープナイター・Veryカープ! 今回は、12球団及び独立リーグにおける、コーチングスタッフの分析とカープOBが、どれだけ球界に散らばっているかを調べてみました! ※地元で解説を務める、山本浩二さん、北別府さん、大下さん、達川さん、池谷さん、木下さん、安仁屋さん、小早川さん については割愛させて頂きます。 RCCカープデーゲーム中継, HBCファイターズナイター・HBCサタデーファイターズ・HBCサンデーファイターズ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=RCCカープナイター&oldid=80742026, 火曜日 - 金曜日はナイター中止時の場合及びカープ戦がデーゲームの場合、原則としてNRNラインのナイターを予備カードとして、全試合中止及び非開催時はネットワークの割り振りに応じた全国ネット番組(『, 土曜・日曜・月曜日の雨天中止時の補充はなく、カープ戦中止の場合は原則として定時番組を放送するが、日曜(ナイターオフ期は土曜)18・19時台の『, 土・日曜に21:00よりも早く終了した時は、時間調整としてNRN全国ネットのメインカードやJRNのラインネット番組に飛び乗る場合がある。, 前座番組を17:46 - 17:57で放送する。番組名は年度により異なり、2019年からは『, 2016年度までは17:47 - 17:57での放送。2017 - 2018年度は, 定時までに中継が終了した場合、21:50までクッション番組を放送する。番組名は年度により異なり、2017年度からは『, 土曜ナイターの場合は21時台に30分以上時間が余った場合、スタジオからのフィラーの後『, 22:00(月曜は21:00)以後カープの試合が続いている場合は試合終了まで放送し、『, ナイターオフ期間にナイター中継が放送された場合には、放送終了が22:00を超えた場合でもスポンサーの関係上『, 『RCCカープデーゲーム中継』の場合、試合開始時間がそのまま番組の開始時間となる。そのためオープニングはなく、協賛スポンサーの読み上げは1回表の先頭打者の打席の直後に行われる(RCC単独放送でない場合は、提供読みが実況にかぶさることになる)。, TBS兼任の解説者については、ナイターは原則としてJRN向けとなる月・火(2010年以降の土・日は一部カードのみ)のみの出演となっていた(水 - 金はテレビ中継かJRN各局への裏送り中継に出演)が、曜日毎のネットワークの区分が緩いナイターオフ編成時の開幕カード・消化試合やデーゲームでは一部例外があった。TBSラジオが野球中継から撤退した2018年は、事実上DeNA主催の土・日曜ゲームのTBSラジオからの裏送りまたはTBSラジオ協力による自社制作と、交流戦での平日の西武主催のニッポン放送協力による自社制作に限定される形となった。また土・日曜デーゲームのRFラジオ日本協力による自社制作時は同局から解説者とリポーターが派遣されることがある。, RCC制作の中継には基本的に安仁屋・山崎・天谷が登場する。その他の解説者はRCCのテレビ中継がある時など、解説者が足りない時のみ出演する。, 最低限の人数で賄っているためか、ホームゲームの地上波テレビ中継での2人解説が相当数あるCBC・MBS・RKB・HBCと異なり、テレビ・ラジオともに2人以上での解説は、RCCによるイベント企画がテレビ・ラジオ番組および球場内で行われるオープン戦最終戦の『鯉祭り』や、優勝決定試合、テレビで新井貴浩やその他TBSおよび系列局の解説者(, 長谷川は1990年代中頃から2014年12月までは報道制作局スポーツ部所属のアナウンサーとして中継を担当。2015年1月のアナウンス部復帰・アナウンス部長就任後もスポーツアナウンサー・リポート・実況を担当していたが、管理職業務に専念するため、2018年5月いっぱいで実況からは勇退, 巨人戦全国中継の放送権料削減のためJRNがDeNA・阪神・中日戦、NRNがヤクルト戦を本番カードとし、「巨人 vs 広島」が予備カード扱いとなった場合でも、TBC・SFの様に本番カード優先による未放送とせず、TBS(月・火曜)・LF(水~金曜)・QR(土・日曜)からRCCへ裏送りされ、LF発の場合は、2010年代以降裏送りへの登場頻度が少ない, また、JRNのRFとの再提携直前の頃は、前述の放送権料削減事情に加え、広島主催の巨人戦でJRNナイターが廃止された週末の開催が多くなったことを考慮し、対巨人戦以外の広島主催ゲームがJRN本番カードとなる例も増加していたが、巨人戦中継の削減がJRNほどではないNRN向けを自社放送とする水・木・金曜開催だと自社向けがNRN予備のローカル放送で、裏送り分がJRN全国ネット扱いとなる現象も度々発生していた, セ・パ交流戦における平日の「西武 vs 広島」のナイターについては、乗り込み自社制作を行わない場合、TBCやKBCの様にQRからの「ライオンズナイター」ネット受けとせず、TBS(火曜)LF(水~金曜)から裏送りを受けていた。2019年は当初LFからの裏送り予定が発表されたが、聴取率調査期間のため技術面でLFの、解説者派遣でQRの協力による乗り込み自社制作に変更された(後述)。, 巨人主催:東京ドーム開催時はRFからの裏送りまたは技術・制作協力を受ける(2018年はRFからの解説者・リポーター派遣によるRCC制作扱いのみ。2019年からはRF制作裏送りも実施)。地方開催時については未定。土曜開催などLFが同カードを放送する場合でも、LFは編成の都合により途中で独自ネット配信への切り替えがある関係で、別途RFがRCCへの裏送りを行う, ヤクルト主催:引き続き放送権の関係でLFからの裏送りまたはLFの技術・制作協力による自社制作。, DeNA主催:引き続き裏送りや自社制作での技術・制作協力をTBSが担当。自社制作時はRCCアナウンサーと元TBS解説者の組み合わせが多いが、開幕カードなどではTBSアナウンサーとRCC解説者の組み合わせの場合もある。, ロッテ主催:2018年は2試合が土・日曜デーゲーム開催で、巨人主催同様RFの技術・制作協力による自社制作(解説者とリポーターをRFから派遣)。2019年以降RFがロッテ主催試合の中継(『, 西武主催:2018年は日程の関係で開催なし(広島主催平日ナイターのためRCCがQRに裏送り)。開催のある2019年はいずれも平日(火 - 木)ナイター開催のためデーゲームは実績なし。, 平日ナイターとなる2019年はRCCが聴取率調査期間のため乗り込み自社制作(別途QR『ライオンズナイター』向けの自社制作と、当初裏送り予定でradikoのRCC番組表に掲載されていたLFの解説者込みでの予備待機も実施), かつては土・日曜の広島主催ナイターでRCCがTBS-JRN、LF(-MBS)とRF(-GBS)のいずれか(LFとRFのどちらが乗り込みかはその時により異なる)、QR-NRNの各ライン向けに三重制作を行っていたことがある。また、LF向けは対阪神戦以外でもMBS制作となった事例があり、この場合は、解説者・アナウンサーのいずれかのみRCCからの派遣となることがあった。, RCCの解説者・アナウンサーが不足した年度は、裏送りとなるラインの制作をTBS・LF・QRに委託することがあった。, 1990年代末期まで、広島戦がない場合は巨人戦を優先していたため、以下の様な対応を取っていた。, ヤクルト・横浜主催ゲームがNRN独占、巨人主催ゲームがRF・JRN複占だった1979年~1992年は、広島戦第1予備や、移動日・デーゲーム時の本番カードに日・火・土曜はヤクルト・大洋→横浜主催のNRN巨人ビジターゲーム(土・日曜はQR同時ネットとABC向けのLF裏送りの場合あり)を、水~金曜はJRN巨人主催ゲームを組み込み、予備カード以降を本来のネットワークとする措置を取っていた。また広島または巨人の試合がデーゲームまたは非開催かつセ・リーグ他球団の試合が開催された日に、全国中継本番カードまたは第1予備カードがパ・リーグのカードの場合には、中日主催(CBCまたはSF)、阪神主催(ABCまたはMBS)、ヤクルトまたは大洋主催(平日LF・週末QRの裏送り)のいずれかを優先して個別にネットを受けたり、予備順位を繰り上げる措置を取った上でパ・リーグのカードの予備順位を繰り下げることがあり、火曜日及び週末にヤクルトまたは大洋戦を放送する際には、対広島戦・巨人戦同様にNRNへの切り替えが発生することがあった。, 一例として、1984年5月1日(火曜)は、JRN本番が「西武 vs 日本ハム」(TBS。解説:, 巨人主催試合のNRNへの開放後も、2001年までは年度により前述と同様の対応を取ることがあった他、本来のネットワーク通り水~金曜の巨人対広島戦をLFから受けた年度でも、広島戦非開催時の水~金曜に、NRNがヤクルトまたは横浜主催を本番とした際、LFから広島が関与しない巨人主催ゲームの裏送りを受けたことがあり、巨人戦需要が高かったSTV等数局(主にテレビネットワークが, 2010年以降、セ・リーグの関東ビジターではRCCアナウンサーが実況を担当する場合がある(特に土日デーゲームや予備順が屋内球場よりも低い場合)。関東ビジターゲームでRCCのアナウンサーが実況を行う場合、リポーター・解説者は在京各局から派遣されるが、リポーターなしで中継を行うこともある。但し横浜DeNA主催試合では、2013年まで広島が勝利したときのヒーローインタビューをラジオ中継のリポーターが行うため、必ずリポーターが派遣されていた。2014年は6月の同カードの金曜ナイターのLF制作分は、NRN全国ネット本番のためRCCのアナウンサーがリポーターを務めたが、土・日曜デーゲームのTBS制作分については従前通りRCCのアナウンサーが実況を担当した一方、, 2020年は新型コロナウイルス感染拡大による日程変更の影響で、10月以降は球団所在地を中心にナイター編成を継続する局と、球団非所在の1局地域を中心にナイターオフ編成に移行する局とに分かれ、関東ローカルでナイター編成を継続するニッポン放送も、オフ編成番組のNRNネットワーク番組扱いでの裏送りを実施するため、NRNナイターのネットがJRN同様、中継制作局間での個別取引となる。また球団本拠地以外で土曜NRNナイターを唯一編成している山口放送もオフ編成に移行することもあり、土・日曜でもセ・リーグのナイターでは文化放送が制作体制を取らないため(デーゲームは関東圏開催の中日ビジターゲームで東海ラジオへの裏送りを継続)、ヤクルト主催時はニッポン放送からのネットまたは裏送りとなるが(最初の実例は2020年10月3日・4日に同時ネット。この時は試合開始時間の関係上『スワローズクラブハウスマイク』も放送)、巨人・DeNA主催時にニッポン放送からのネット(または裏送り)となるか、デーゲーム同様にRFラジオ日本(巨人)・TBSラジオ(DeNA)からの裏送りとなるかは未定。逆に広島主催では自社本番カードのニッポン放送へのネットおよび予備対応を週末にも行う(最初の実例は10月10日〈土曜日〉の対ヤクルト戦)。一方平日ナイターは、ナイターイン編成同様にNRN系列局との相互ネットを行い、NRN各局からの予備補充を継続するが、個別取引扱いとなっていることもあり、独自に予備順位を組み替えて巨人戦非開催時は阪神主催試合を優先したり、10月20 - 22日には「阪神 vs 広島」(朝日放送ラジオ)の予備を「ヤクルト vs 巨人」(ニッポン放送)ではなく「中日 vs DeNA」(東海ラジオ)とするなど必ずしも巨人戦を優先しない場合がある。また、「広島 vs 巨人」がデーゲーム開催となる11月3日(火曜・祝日)は、唯一ナイター開催となる「オリックス vs 楽天」(NRN=毎日放送からニッポン放送・東海ラジオへ裏送り、JRN=朝日放送ラジオの自社放送分かつ東北放送・北海道放送・CBCラジオ・RKB毎日放送にネット)や、STVラジオがナイター枠で約5ヶ月ぶりに放送する「MUSIC★J」ともに放送せず、自社制作の特別番組「一柳&宗一郎のイチオシスタジアム」を放送。, 2016年8月9日-11日の3連戦(マツダ)は、高校野球期間中でABCの要員が不足したため9日がABCとの相互ネットとNRN向け素材実況を(MBSはこの日のみ自社制作)、11日はABCを含むJRN向け裏送りの全国放送を制作した。10日はABC向けに裏送り, MBSはこのほかに土・日曜にLFとの2局ネット用の音源をRCC技術協力で制作することもあり、また、RCCがネットすることのないMBS制作の阪神対広島戦が水・木曜NRN、金曜JRNの全国放送本番カードとなった場合、RCCがベンチリポーターを派遣することもある, 交流戦のオリックス主催試合では、2009年以降RCCがリポーターを派遣せず、在阪局のアナウンサーが広島ベンチのリポーターを担当している(在阪局自社でも放送となった場合は両サイド兼務)。一方、阪神主催試合では、RCCからのリポーター派遣を継続している。, なお、横浜主催試合がNRN独占だった時代のうち、1995年から2001年は「横浜 vs 巨人」(またはその逆)の裏開催のヤクルト主催試合の中継がTBS-JRNに認められていたたが、これが「ヤクルト vs 中日」である場合、CBCへのネットが認められていなかったため、該当日のJRN向けの「広島 vs 阪神」(あるいはその逆の組み合わせ)の中継ネット局にCBCが加わることがあった, 阪神は8月の時期に阪神主催のデーゲームを実施しないので、近年までこの時期での阪神主催ゲームの裏送りはなかった, TBSラジオが野球中継から撤退した2018年からは、火曜ナイターの阪神対広島戦(ABC制作)の予備補充でオリックス主催試合を放送する場合、水・木曜ナイター同様MBS制作中継の放送となる。, 通常広島主催試合のローカル放送では相互ネットにならない限りベンチリポートはRCCのアナウンサーが1人で担当するが、本番カードの雨天中止で全国ネットに昇格した場合は、関西地区向けの自社制作のために派遣されている在阪局(火 - 木曜:MBS、金 - 日曜:ABC)のアナウンサーが阪神リポーターとして合流することがある。, 2018年9月24日(月曜)は、「広島 vs DeNA」のデーゲームが終了した後、広島の優勝と関係するカードのため「中日 vs ヤクルト」にリレーしたが、SFの中継を放送した。, 2019年9月23日(月曜)のデーゲーム(広島主催・マツダスタジアム)はSFが乗り込み自社制作を行い(実況:, 広島主催試合でもRCCの解説者が不足した年度は、裏送りとなる側の解説者をCBC・SFから派遣の上RCCのアナウンサーの実況で放送したり、制作をCBCまたはSFに委託したこともあった。, かつては、LF・MBSが、CBCと相互ネットを組む土・日の広島主催ナイターを予備カードとする場合があり、繰上げ時にはRCC-CBC-LF(-MBS)の変則ネットとなっていた。, 週末JRNナイターが廃止された2010年以降も2014年まで、CBCと土・日に相互ネットをしていたが、不定期にCBC向けを裏送り(またはCBCの乗り込み自社制作)にし、土・日曜の広島主催デーゲームでRCCがSFと相互ネットを組んだ事例もあった。, 聴取率調査期間や優勝争いに絡む場合は、CBCが自社制作する場合があり、聴取率調査期間以外の水~金曜日は、RCCが裏送り体制をとらず、CBCの中継をそのままJRN予備待機扱いとする場合がある。その場合月・土・日曜日は、RCCはCBC向けの送り出し対応が必要なくなるため、通常裏送りとしているSF(ナイターはQR-NRN予備または本番)向けを自社向け本番に切り替える場合と、SF-NRN向け裏送り・CBC自社制作分の技術協力とは別に、自社分をローカル(ナイター時月曜はJRN、土・日曜はLF-MBS予備)扱いとして別制作する場合とがある。, CBCが「ヤクルト vs 中日」を放送できないことに配慮して、SFが「巨人 vs 中日」の放送をNRN本番カード及び予備から昇格のナイターと優勝決定試合に限定している関係上、2013年度からネットワーク制限の緩い土・日曜デーゲームで裏カードの広島主催試合をSFに同時ネットすることがある。この場合はSFに配慮してNRNの速報チャイムを使用する。また「巨人 vs 中日」の放送がNRN全国ネットであってもSFでの放送に制限がかかっていた1992 - 1994年も裏カードかつ第1予備カード時を中心にSFへのネット(曜日によっては裏送り)を行っていた。, 2016年9月7日ならびに8日は本来であればSFと相互ネットを組む曜日であるが、6日の時点で広島が優勝マジックを4としており、両日に広島の優勝の可能性があったため、RCCは自社向けを広島ローカル(速報チャイムは曜日に合わせてNRNを使用)とし、SF(NRN)向けは裏送りの別制作となり、通常から別制作のCBC(JRN)向けも加えて3重制作となった(8日はマジック2のため、CBC向けはJRN全国放送に昇格したほか、LFの乗り込み自社制作への技術協力も行った, 2010年の広島主催の土曜ナイターでは、HBCがRCC技術協力で自社制作を行った上に, 2013年の日本ハム主催の土曜ナイター(6月15日)は、radikoやyahoo等の番組表では、当初STVラジオからのネット受け予定として発表されていたが、当日になってHBCからのネット受けに訂正され、実際の放送もHBCからネット受けした。土・日曜ナイターがオフ編成時を除いてNRN扱いに固定された2015年以降は、デーゲームでHBC、ナイターでSTVと組み分けるが、2016年時点の後者の実例は日本ハムが関与しない土曜日のNRN全国ネット本番カード(これのみ2014年以前より実例あり)とオールスターゲームと日本シリーズのみである。, 2016年の日本シリーズは、マツダスタジアムで開催分の内第1・2戦はRCCはJRN・NRN向けの二重制作をせず、自社制作分をSTV-MBS-NRN(LF・QRを除く)に配信し、ABC-JRN向けはTBSに委託した。第6戦はRCCが二重制作を実施し、自社向けをTBS-ABC-JRNにネットし、STV-MBS-NRN向けを裏送りとした(非開催となった第7戦も同様の予定だった)。またHBCのマツダスタジアム開催分、RCCの札幌ドーム開催分、LFの全試合とQRの一部試合は自社で乗り込みを実施した。, 日本ハム主催の交流戦が東京ドームや静岡県で行われた実績がないため、HBC・STVが直接制作するか、LF・QR・SBSのいずれかに制作を委託するかは未定。, 過去(日本ハムの北海道移転前)に土・日曜に広島主催のデーゲームが北海道で開催された際にはRCCが乗り込みの自社制作で放送した。曜日及びテレビネットワークの関係でHBCが技術協力を行った。, TBSラジオが野球中継から撤退した2018年の交流戦は6月5 - 7日に広島主催のみの火 - 木曜ナイターでの開催(火曜は雨天中止)で、HBCがラジオでの自社乗り込みを見送ったため, JRNが全国放送を行わない月・土・日曜については、デーゲームも含めてRKBが乗り込み自社制作をした場合、通常裏送りとするKBC向けを自社向け本番に切り替える場合がある。(2011年の月曜ナイターで実例あり), 静岡県で開催される広島のビジターゲームをSBSが制作することがある。この時、ホームチームの地元局に代わってJRNまたはNRNの本番・予備カード扱いとなった場合、SBSからのネット受けとなる。1980年代にはSBSがRCC向けの裏送り中継を制作したことがあり、解説者がRCCから派遣された例もあった。, 2017年までの火曜から金曜のナイターでは、自社で取らない方のライン(火曜のNRN、水・木・金曜のJRN)の他社向け裏送り中継がない場合でも、該当ラインへの経過送りのために、別途素材実況アナウンサーを1名配置していたほか、全国放送の予備順が特に浅い場合(予備順が屋内球場より下位であっても)には解説者とリポーターも配置して中継対応になっていることもあった。この扱いはJRN全国中継がなくなった2018年からは原則行われない。一方、土・日曜は予備順位によって自社およびNRN向けとは別に、LF=MBSライン向けに実況アナウンサーと解説者をスタンバイすることがある。, RCCがラジオ中継でJRN・NRNの二重制作を行い、かつRCCテレビでも中継を行う場合、JRN側のラジオ中継のベンチリポーターは、RCCテレビのベンチリポーターを兼務することが多い。, 1960年代初期、経営基盤が安定しなかった広島球団が、入場者が減るという理由からRCCに対して、ビジターには中継させるが地元局には中継させないという、当時アメリカのテレビ中継で行われていた「, 2006年までは、原則としてナイターオフ編成下の消化試合も全て放送していたが、2007年から2010年にかけては放送が減少していた。その代替として、通常番組の途中でニュース速報に準じた形式で、途中経過速報を挿入することがあった。しかし、2011年は, 日本シリーズ・オールスターゲームが土曜デーゲーム開催となった場合は、2007年のオールスターは放送したが、2011年は通常番組と競馬中継を優先したことや、JRNまたはNRN番組としてのネットスポンサーが付かなかったためか、日本シリーズ・オールスターとも放送しなかった。, また、オールスターゲームの方は、2011年以降、土・日・月曜開催の場合は、マツダスタジアムなどの地元球場での開催でない限り、放送しない方針を決めていた(RCCがネットワーク向けに自社制作を行う場合のみ放送。同じクロスネット局であるTBCも同様の方針である)が、2013年には緩和し、土曜の第2戦を放送することになった(ネットワークについてはQR-NRN, 2013年シーズンは広島の出場が確定し、記念特番内でファーストステージの全試合を中継すると発表した。ファーストステージ(甲子園)の試合はRCCのスタッフが乗り込み自社制作を行ったが、リポーターはRCC向けと兼務する形でABCラジオの中継にも出演した。広島が進出したファイナルステージ(東京ドーム)の試合も全試合中継することになったが、TBSラジオからのネット受けでRCCはリポーターのみの派遣とした。その後、第4戦以降をRCCのスタッフによる乗り込み自社制作に変更したが、第3戦で広島のステージ敗退が決まったため自社制作は事実上取りやめとなった。, 2016年シーズンのファイナルステージ(マツダ)については、RCCが自社制作する一方、TBSも乗り込み自社制作を実施するため、どちらがJRN扱いとなるかは不明(ただし、デーゲーム分はTBSでの中継なし)。また、NRN向けは乗り込み自社制作を行うLFに委託する。, 2017年シーズンのファイナルステージ(マツダ)については、RCCが自社ローカルで放送し、関東地区向けは第1-3戦をTBSが、全試合をニッポン放送(MBS・SFにもネット)が制作して放送したが、RCCローカル分の速報チャイムは曜日に合わせて第1-3戦はNRNのものを使用した。また中継を行わない文化放送向けの報道素材としてはRCCの実況が使用された。, 2016年は広島が日本シリーズに出場するため、「JRNスポーツスペシャル」としての放送が打ち切られて以来5年ぶりの日本シリーズ中継が行われることになった。ビジターの試合も含めて全試合を自社制作で放送(第3-5戦の広島ベンチリポーターは、RCCがHBC-JRN・STV-NRN向けの双方に派遣し、自社乗り込み分についてはシーズン中の割り振りに準じて第3戦はHBC向けと、第4・5戦はSTV向けと兼任。ただし解説者については第5戦でTBSの衣笠祥雄が出演)。広島開催の場合は2015年以降のシーズン中のネットの割り振りに準じ、第1・2戦は週末ナイターのため自社分をNRN扱いとして、対戦相手である日本ハムの地元・STVを含めたNRN系列局へネットし(在京局は第6戦のみQRがネット)、第6戦のJRN向けも制作したが、JRN向けが本線、NRN向けが裏送りとなった。なお、第1・2戦のJRN向けについては聴取率調査期間のためキー局のTBSラジオが広島に乗り込んで直接制作するが、広島側のリポーターのみRCCのアナウンサーが担当(テレビ中継やNRN向けとは別に派遣。日本ハム側はHBCのアナウンサーが自社向けと兼任)。また日本ハムの地元のJRN担当局のHBCは、全試合広島に乗り込み北海道向けに自社制作(『ファイターズナイター日本シリーズスペシャル』)するが、ホームゲームは自社ローカル分を別制作せずJRN向けと共用した。, 2017年は広島が日本シリーズに進出した際に、ビジター開催の第1・2・6・7戦も乗り込み自社制作を予定し、Radikoの週間番組表などに担当予定の解説者とアナウンサーも掲載していたが、クライマックスシリーズファイナルステージで敗退したため、日本シリーズはDeNA主管の第3 - 5戦のみ「RCCスポーツスペシャル」としてTBSラジオ(JRN)からのネット受けで放送した, 2018年は広島が日本シリーズに進出したことから、全試合放送するが、TBSラジオ・JRNの野球中継撤退に伴い広島主管分の1・2・6・7戦ではNRN全国中継を担当し、全て自社向け本線とする。ソフトバンク主管の3 - 5戦もRKBの技術協力で県域ローカル向けに乗り込み自社制作を行うが、リポーターはKBC制作のNRN全国中継と兼務するため、在福局との関係にねじれが生じた。, 1967年まで一部の曜日で制作していた日本テレビ系列向けのプロ野球中継の現行統一タイトル。.

ありのまま 英語 名言, Sk2 50代 プレゼント, ベンツ ドアミラー 動かない, Vscode ブレークポイント 止まらない Javascript, Google スプレッドシート オーナー変更できない, ハイキュー 名言 北, シェル 引数 取得, スプレッドシート 削除 復元,